あんなに元気だった子がある日突然紫斑病になった。腹痛に苦しみ、入退院を繰り返していた娘が、今ではこんなに元気になりました。

あなたや、あなたの大切な人が紫斑病にお悩みならば、私のように子供の紫斑病に苦しんでいる親御さんがいるならば、紫斑病の本当の原因は何か、何が本当の回復なのか、やっとみつけた解決方法を一人でも多くの方に知ってほしいと思い、この「紫斑病の悩みスッキリ解決」を立ち上げました。

はじめまして。
私はアレルギー性紫斑病だった娘の母親、斉藤絵里子です。
「紫斑病の悩みスッキリ解決」では、
良くなっている今だからこそお話できる、娘の紫斑病の闘病体験談をご紹介します。

無料レポートは、紫斑病の発病から回復まで、紫斑病の方が抱える問題点を整理し、どのように解消するかについて書いた唯一のレポートだと思います。私と同じように悩んでいる皆様に勇気を、そして何より、子供たちに早く元気になってほしいと願っています。HPを見る為の数分間お付き合い下さい。     
………………………………………………………………………………………………

紫斑病を発病した長女(6歳)、次男(4歳)、生まれたばかりの次女(6ヶ月)、3児の子を持つ母親(36歳)、と夫の5人家族です。これから紫斑病の子を持つ母親の心情の深いところと、回復の経過をお話します。

ある日突然、紫斑病を発病する

平成17年の12月頭頃、娘が「お腹が痛い」と言いだした事から始まります。
始めは小児科の病院に行ったら「胃腸炎」と診断されました。丁度、小学校では胃腸炎が流行っていたので、私もそうだと思い、処方された胃腸薬で良くなるだろうと思っていました。しばらく様子を見ていましたが、腹痛は治まらず、食事をすることもままならなくなり、血便、血尿、下腿に紫斑が出始め、明らかにおかしな状態になってきました。

小児科の検査にて「アレルギー性紫斑病」と診断。しかし、今の状態では特効薬もなく、自然経過を見て良くなるのを待つしかないと言われました。その後、食事がとれず、栄養失調状態が続いた娘は「うちの病院では手に負えない」と、大学病院を紹介されることになり、ここから辛い日々が始まりました。

病院には解決方法が無い

驚いたことに、大学病院でも特効薬はありませんでした。風邪薬を処方され「様子をみましょう」という対応に、もどかしさと不安を感じました。
継続的に続く腹痛、関節痛、血尿、血便、無数の紫斑…
こんなに痛がってるのに、医者は何もしてくれないの!?
解決方法が見つからず、病気に対する不安が高まっていきました。

1~5mmの紫斑が出る
(すねや太もも、手の甲、お尻などに出る)
血便、血尿
腹痛・嘔吐(場合により激しい痛み。胃より腸の場合が多く、食事ができない)腸閉塞も疑われ、検査しました。
手足のむくみ
股関節痛など関節痛

紫斑病は、本人の辛さに加え、周囲の人、特に母親にとって子供が苦しむ姿は見るに耐えません。
いつ治るのか?治ってきているのか?
結果の見えない闘病生活に不安が付きまといます。
「完治するんですよね?」お医者さんに尋ねても、明快な返事をもらえず、終いには
「紫斑病になるのは運が悪かった」
と言われ、絶望的な気持ちになりました。

この状況になると、母親の精神のほうがおかしくなってきます。
娘の紫斑を見るたび落ち込んだり、症状が悪化するような行動を取られるとイライラしました。「走っちゃダメ!また紫斑が出るよ!」。
紫斑病を発病してからは、他の子供たちと同じように元気に遊ぶこともさせられませんでした。

いったい何が悪くて紫斑病になってしまったの?原因は何なの?
もともと健康志向である私は、既成のお菓子やジュースはほとんど与えず、手作りの食品で娘を育ててきました。アレルギーを発症する原因も思い当たりませんでした…

夜中に腹痛に襲われ、夜間病院に運んでは入院を繰り返す。
これだけでも親の心労は絶えないのに、腹痛で食事が取れずガリガリにやせ細っていく娘を見てさらに辛くなりました。
乳飲み子がいるのに、私はストレスで母乳が出なくなる程です。

何をするでもなく、ステロイドを打つだけの入院生活。
「このまま良くならなければ、うちの病院ではやったことはないですが、血液製剤を投与します」と言われました。
元々、ステロイドも使わず治療してほしかったのに、肝炎やHIVなどあらゆる感染症になるリスクが高い血液製剤なんてとんでもない!
断固拒否しました。それと同時に、そんなにリスクが高い治療をしなければならないほど、娘の病気は重いのかと絶望したことを覚えています。

紫斑病の諸症状
紫斑病は特効薬がなく、いつ治るのかという見通しがたたない
ステロイドの副作用が心配。一時的に腹痛を抑えるが、また腹痛は起こる。根本解消にはなっていない
腹痛が起きても手助けできない、どうにかしてあげたくても、何もしてあげることができない
紫斑病に対するイライラや不安で泣きそうになる
紫斑を見ると落ち込む、娘を見ているとイラつく自分がいる。そんな自分が嫌になる
紫斑が出ていないかどうかが気になり、神経質なほどチェックしてしまう
【親の悩み】

紫斑病の症状は人により異なるようですが、私にとって一番つらいのは腹痛で苦しむ娘の姿を見ることでした。

もう、娘を救いたいのか、自分が救われたいのか分らなくなってくる。
私はなかば、紫斑ノイローゼになっていました。

■病院から離れたのがターニングポイント

さて、娘と私の状態はこんな感じです。ここからいよいよ紫斑病の本当の原因は何か、何が本当の回復なのか、というところに入っているくのですが、その前に、もう一度おさらいしておきますね。
紫斑病を発病してから半年間は、病院に通ったり、入院、自宅療養をくりかえしていました。その間紫斑や腹痛も出続けいましたが、血液製剤の治療に移る前に退院を申し出ます。このまま、治る見通しもなかったけれど、2週間分のステロイドを処方され退院しました。
徐々に身体を慣らし、学校にも少しずつ通い、元の生活に戻れるようになってきましたが、私の疲労はピークに達していました。

■紫斑病が治る道を探した結果

皆さんは、病院以外で紫斑病が良くなる方法を探したことはあるでしょうか?
誰でも、告げられた病名をネット検索くらいはするものだと思います。
しかし、頼りにしていた大学病院でも「紫斑病がどうして発病するか本当のことは分かっていない」「治る方法が見つかっていない」「運が悪い」などと言われたら、他で探そうなんて思えないのが普通だと思います。
ましてや、目の前で苦しんでいる子供の姿にパニックになってしまって、他に方法があるかもなんて、私には考える余裕はありませんでした。
ですが、肉体的疲労や精神的落ち込みの激しい私を見て、こんな状態では母親のほうがおかしくなってしまうと、夫の心配も強くなり、改めて紫斑病についてネット検索を始めた事が転機となりました。
そして私達親子は、「紫斑病がどうして発病するのか」という原因を解説するホームページを見つけたのです。
もちろん最初から信用できたわけではありません。しかしながら、病院でも言っていない新しい情報や、紫斑病発病の解説に、ところどころ思い当たる節があったのです。

アレルギー性紫斑病を発病する子は、吸引分娩や、過去に頭や首を強く打つような経験がある

あなたや、あなたのお子さんに思い当たる節はありませんか?
私は、まさか!と思いました。娘はへその緒が二重に巻きついていて、急遽、吸引分娩になって産まれた子なんです。また、小さい時、スライド式の車のドアに首を挟まれたこともあったんです。
子供でなくとも、紫斑病になる方のほとんどは、頸椎の悪さや背骨のゆがみが原因にあるというのです。

首や頭というキーワードに思い当たる節がある
ゆがみなんかが紫斑病と関係あるの?
この紫斑病が良くなるなら何でも試してみたい!
何が原因で、どんな方法で解決できるのか、とても気になる。知りたい!

私達親子も、この方法の効果を目の当たりにするまでは
「こんなことで、そんなに本当に紫斑病がよくなるのかな?!」
と思っていました。

しかし、この時、この方法を試さなければ、いつまでも紫斑病に怯える生活をしていたと思います。今では腹痛に悩まされることもなく、紫斑も徐々に消え、出ることはありません。本当に安定した生活を送る事が出来ています。

紫斑病の悩みすっきり解決レポートでは、紫斑病の本当の原因は何か、何が本当の回復なのかについて詳しくまとめています。
・明らかにされた、紫斑病の原因
・家族も驚く、娘の回復力
・紫斑病だけではない、回復と共に得た意外な効果
・紫斑病はこうして改善していきました

また、紫斑病は紫斑が出ていることばかりに目がいきがちですが、実際は、腹痛や足の痛み、嘔吐感がなどで困っているわけです。
そうした困っていることを、一つ一つ解決してあげることで、パニックになっていた気持ちが整理され、回復の道筋が見えてきます。そんなアドバイスもまとめてあるレポートです。


私達親子が体験した紫斑病解決法をこのホームページを見てくださった皆さんにも声を大にしてお教えしようと思うのです。副作用のある薬を使うことなく、とっても安全で、確実に改善していく方法です。

もしご興味がおありで「本気で改善したい」という方は、下記の請求フォームより、紫斑病の悩みすっきり解決レポートをご請求ください。このレポートは、もちろん無料です。毎月20名様限定ですので、お早めにお申し込みください。

           無料レポート請求はこちら

Copyright©2007 紫斑病の悩みスッキリ解決. All rights reserved.

■ご請求前に、私達親子と同様の方法で良くなった方たちの声をお届  けします。


●やっかいな紫斑病がこんなに早く解消するなんて驚きです。(男性 会社員)


●子供のアレルギー性紫斑病にずっと悩んでいましたが、本当に良くなりました。今では元気に活動しています。(主婦)


●お腹と、足の痛みがなくなってよかった。もっと早く知っていれば入院しなくてもすんだと思った。(小学生 8歳)


●ステロイドを使うことに抵抗があり、いい方法がないか探していました。短期間で良い結果が出てうれしいです。(男性 28歳)


●本当にこんなに良くなるとは思いませんでした。迷っている時間はもったいないです。一日も早く試すことをお勧めします。(小学生 6歳の母)


●始めは腹痛がなくなり、その後紫斑がだんだん消えていきました。とてもうれしいです。(小学生 6歳)


●子供の紫斑病に母親の方がまいっていました。この方法を見つけた時は半信半疑でしたが、予想以上の効果に家族全員びっくりしています。本当に良くなってよかったです。(4歳の父親)


●「いつ治るかわからない」と言われたきた紫斑病が良くなって、本当にうれしいかぎりです。(女性 30歳)

●紫斑病って感染しないのに感染するかのような症状なんで、早く消えてくれて本当に嬉しかった(30歳 男性)


●紫斑病のせいでプールも運動会も我慢させてしまいました。来年は親子で楽しみたいです(37歳 女性)


●息子が友達と普通に遊んでいる姿に感動しています。ありがとうございました(34歳 女性)


●子供が背中を丸めてつま先立ちで歩く痛々しい姿は二度と見たくないですね。再発しないよう注意点を守ります(40歳 男性)


●紫斑がなくなるって実感した時は本当に嬉しかった。希望がみえると行動も変わってくるものですね(61歳 女性)


●両手足に紫斑があったので夏でも長袖着てました。ようやく開放されたって感じです(22歳 男性)

紫斑病の悩みスッキリ解決は、私達親子が体験した紫斑病の解決方法を皆様に公開することを目的とした個人のホームページです。

サイト運営者情報プライバシーポリシー
無料レポート請求はこちら

紫斑病にお悩みのすべての方に。
紫斑病克服体験無料レポートをご自宅にお届けします。

こんなレポートが届きます!

私達親子の体験記や、同じ紫斑病に悩んでいた人の回復体験記、ステロイドのマメ知識など役立つ情報を同封しています。

紫斑病の悩みスッキリ解決レポートの内容を一部ご紹介します
            
 ↓↓↓

資料作成の手間の関係で1か月に20通程度が限界です。「本気で改善したい」方のみ下記の応募フォームよりレポートをご請求下さい。

私からの情報が、紫斑病解決のきっかけに
なるよう、心からお祈りしております。

このレポートは、紫斑病の発病から回復まで、紫斑病の方が抱える問題点を整理し、どのように解消するかについて書いた唯一のレポートではないかと思います。私と同じように悩んでいる皆様に勇気を、そして何より、子供たちに早く元気になって欲しいと願っています。レポートを読むことで、紫斑病の暗闇から抜け出し、相談できる場所があることに気付いて頂ければ何よりです。とにかく早く結論を知りたいと言う方は、「明らかにされた紫斑病の原因」からお読み下さい。

■内 容

・紫斑病とは

【紫斑病体験記】

・紫斑病を発病する

・病院には解決方法が無い

・私は、なぜ紫斑病に苦しんでいるのか?

・もう退院させて下さい!

・紫斑病が治る道を探した結果

・明らかにされた、紫斑病の原因

・家族も驚く、娘の回復力

・紫斑病だけではない、回復と共に得た意外な効果

・紫斑病はこうして改善していきました

・同じ病気に苦しむ方に

・娘の紫斑病経過記録

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私にとって一番辛いのは、腹痛で苦しむ娘の姿を見ることでした。
どうにかしてあげたくても、何もしてあげることが出来ず、娘の紫斑を見るたび、腹痛が起きないかヒヤヒヤし、「また出てる~!」とイライラしました。

一体何が悪くて紫斑病になってしまったの?

元々健康志向である私は、お菓子やジュースもほとんど与えず、手作りの食品で子供たちを育ててきました。
アレルギーを発症するような原因も見当たらず、「何でなの?」という疑問が付きまといました。

治るあてがない病気になってしまったことに泣きそうになる。
娘を見てイラつく自分がいる。本当は娘が一番辛いのに…
そんな自分が嫌になる、自己嫌悪に陥る…
もう、娘を救いたいのか、自分が救われたいのか分からなくなってくる。私はなかば、紫斑ノイローゼになっていました。

●親の悩みをまとめる

・紫斑病に特効薬は無い

・病院では「どのくらいで良くなるのか」という明快な答えをもらえない

・治りたくても、治る方法が見つからない

・ステロイドの副作用が心配。一時的に腹痛を抑えるが、また腹痛は起こる、根本改善にはなっていない

・紫斑は一度消えても、数日後にまた出る。これを繰り返すため、良くなって来ているのかどうかが分からない

・腹痛がいつ起こるかわからないし、腹痛が起きても手助けできない

・同じような病気を持つ親がいないので、辛い気持ちを理解してもらえず、一人で悩みを抱え込む

紫斑病になったのは、誰のせいでもないのに、何かを責めずにはいられなくなる。病院の先生や、慰めてくれる家族にさえも、反発してしまったり、イライラと不安でいっぱいでした。


もう退院させて下さい!

娘の病状が少し落ち着いて来たころ、血液製剤の治療に移る前に退院することにしました。

まだ紫斑は出ており、治る見通しもなかったけれど、2週間分のステロイドを処方され退院しました。徐々に身体を慣し、学校にも少しづつ通い、元の生活に戻れるようになってきましたが、発病してから6ヶ月、私の心労はピークに達していました。


・紫斑病が治る道を探した結果

肉体的疲労、心労で落ち込みの激しい私を見て、こんな状態では母親の方がおかしくなってしまうと、夫の心配も強くなりました。

「とにかく紫斑病が良くなる方法がきっとあるはず、だからあきらめず探そう!」と夫が励ましてくれ、改めて紫斑病についてネット検索を始めたのです。

その結果、私達は「紫斑病がどうして発病するのか」という「原因」を解説するHPを見つけたのです。病院でも言っていない新しい情報に「治る道はこれかもしれない!」と胸が騒ぎました。    

                            つづく